「マンションと家賃が実る家」どっち❓

「マンションと家賃が実る家」どっち

平成29年6月に国交省が発表した
平成 28 年度「土地問題に関する国民の意識調査」の概要について(20歳以上3000人にアンケート)の資料によりますと、「土地と建物両方が欲しい人」の割合はの79.3%もあるそうです。

そのような中にあっても、便利の良いところに、安く住まいを手に入れようとするとマンション購入を検討される方も多いと思います。

今回は、マンションと『家賃が実る家』を比べてみましょう。

【その1】
マンションは、建設済みの仕上がった物件を見て買いますが
『家賃が実る家』は、間取りとエリアを申し込んでから建設が始まります。

【その2】
マンションは、1つの大きな建物の1部分を所有しますが
『家賃が実る家』は、将来、土地と建物両方が自分の物になります。

【その3】
マンションは、修繕費を毎月積み立てて修理を行いますが
『家賃が実る家』は、入居から15年は大家さんが負担してくれます。

【その4】
マンションは、建て替えには住人の75%の合意が必要ですが
『家賃が実る家』は、自分の所有になってからは、自由に行えます。

【その5】
マンションは、忘れ物を取りに戻るのがたいへんですが
『家賃が実る家』は、すぐに取りに戻れます。

さすがに【その5】はこじつけですが、『家賃が実る家』の
メリットを感じていただければと思います。

『不動産投資は立地がすべて』❓

『不動産投資は立地がすべて』
というのは、資産価値、というかリセールバリューを確保したいから。
不動産投資が売却益に依存しないならば、このような概念は無くなるし、立地を争うことも無くなる。よってバブルの概念が生まれない。
金融機関の担保評価も収益性に重点が置かれ、より現実的なものとなる。

※譲渡型賃貸投資とは…
従来の 売却益依存型 から 賃料収入完結型 を実現した国内唯一の不動産投資法です。

そもそも2択しかないのが不思議❗️

そもそも2択しかないのが不思議❗️

・35年間支払い終わるまで自分のモノであって自分のモノではないマイホーム
・一生自分のモノにならないし、間取りも空室から選ぶだけの賃貸

では、《 家賃が実る家 》だったら❗️

~賃貸住宅なんだけど~
・セミオーダーで新築で建てられちゃいます!
・家賃は捨てるものではなく、将来自分のものになるために支払います!
・自分で賃貸期間と家賃を決められます!
・更新料がかかりません!
~マイホームなんだけど~
・賃貸期間中の固定資産税は大家さんが支払ってくれます!
・入居から15年間、設備の修繕費などは大家さんが支払ってくれます!
・勤務先からの住宅手当がそのまま使えるかも!
・住宅ローンを使わない!賃貸の入居審査でOK!
・万が一支払えない場合でも、退去すればOK!

【西武信金、投資用不動産に過剰融資か】

耐用年数という尺度だけではなく、収益性という観点から独自の担保評価を行なっていた先進的な取り組みと考えていたのに、これじゃ新築や築浅しか融資出せないじゃん。

リノベしてバリューアップしても融資出ないなら、どうやってダブついた築古物件の再生するんだろ?スラムだらけになっちゃう…

築古物件の一掃で、人口減少に合わせて物件数の抑制狙ってるのかな?

NEWSPICKS ZUUONLINE で取り上げて頂きました!

NEWSPICKS ZUUONLINE
で取り上げて頂きました!
不動産業界の最新キーワード1位は❗️❗️
譲渡型賃貸 ❗️❗️です❗️

家賃を一定期間払い続けることで、その物件が本人の所有になるという形態のことです。住宅ローンを組んで物件を購入することと異なる点の一つは、もし物件を手放すことになったときでも、借入金の負担などが残らないことです。

購入する場合はローンの審査がネックになることもありますが、譲渡型賃貸の場合は簡易的な審査で住み始めることができるのも特徴です。賃貸は基本的には「掛け捨て」ですが、この仕組みに一石を投じたのがこの「譲渡型賃貸」です。