家賃払いマイホーム ローンなくし定住促進/リネシス

◎家賃払いマイホーム ローンなくし定住促進/リネシス

人口減少率、地価下落率の全国ワースト常連の秋田県で、家賃を払い続けて土地と建物を取得するマイホームプランが話題を呼んでいる。「譲渡型賃貸住宅」という仕組みで、秋田市の不動産業「リネシス」が開発した。

入居希望者は間取りや内装などを用意されたプランから選び、10~28年間の家賃の支払期間を設定する。支払いの目安は秋田市郊外の住宅地で月額7万円前後。家賃が住宅ローンのような役割になることから、「家賃が実る家」とPRしている。

秋田県での試験販売を経て全国募集に乗り出した。2018年9月末現在、入居希望者は秋田県や宮城県など全国で3800人に上る。住宅も8棟完成した。リネシスは、賃貸しするオーナーと入居希望者のマッチング、家賃管理などを担う。
森裕嗣社長(44)は06年、結婚を機に東京から妻の実家のある大仙市に移住した。秋田に暮らすようになり、人口減や縮小する経済の問題は地域全体で取り組まないと打開できないと感じた。

目指すのは、建築業者、入居者、物件オーナーなどが協力して創り出す「オールウィン」のビジネスだ。

住宅建築を請け負うアイズ(秋田市)の照井真澄社長(41)は、「地元業者が一緒になって住宅を建てる充実感がある。実入りも大手ハウスメーカーの下請けより良い」と話す。

客層は当初、住宅ローン審査に苦しむ可能性の高いシングルマザーや非正規雇用者を想定した。ところが、長期ローンに抵抗のある若い世代や収入の安定した公務員など想定外の反響があった。

10月20、21の両日、秋田市飯島道東の住宅地で内覧会があり、家族連れなど50人余りが訪れた。3年前に夫婦で新規就農した秋田市の男性(46)は「住宅ローンのことを難しく考えずに済む」と、担当者の説明に耳を傾けた。

秋田を「課題先進地」と位置付ける森社長は「ローンのない新しいマイホームプランの選択肢として手応えを感じる。人口減、不動産デフレに苦しむ地域の定住促進や経済活性化につなげたい」と力を込める。

自動代替テキストはありません。

ローンなくし定住促進‼️

河北新報社様、有難うございます!

ローンなくし定住促進‼️

とてもいいタイトルで、うれしいです!

これから住宅ローンを組んで、引き返せない道を選択される方を一人でも減らせるように、この仕組みを普及させていきたいです!

借りながら持ち家になる《家賃が実る家》
https://minoru-house.jp/

土地+建物+別途工事+諸費用 ぜーんぶコミコミ
毎月3万円台〜の《ふくろう住宅》
https://2960home.jp/

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

そりゃそうだ❗️

そりゃそうだ❗️
住宅ローンなんて過去の遺物でしょ。
これほど行く先不透明な時代に、35年、40年の超長期ローンなんて非現実的すぎる。

夢のマイホームの《夢》と引き換えにどれだけの《リスク》を背負うんだろう。
途中で払えなければ、家も土地も財産も差し押さえられて、身ぐるみ剥がされて追い出されるなんて、夢でもなんでもない。
住宅ローン組むなら、どんな状況でも払えるくらい最低の支払いに設定しないと。

とすると、二択だね。

借りながら持ち家になる《家賃が実る家》
https://minoru-house.jp/

土地+建物+別途工事+諸費用 ぜーんぶコミコミ
毎月3万円台〜の《ふくろう住宅》
https://2960home.jp/

自動代替テキストはありません。

【一般賃貸住宅と譲渡型賃貸住宅の違い(12)】

【一般賃貸住宅と譲渡型賃貸住宅の違い(12)】
①現在100万円 5年後120万円
②現在100万円 5年後100万円
③現在100万円 5年後 80万円
日本は③なのに、不動産投資やりますか?
賃料収入完結型不動産投資にクローズアップ!!!

皆さん、こんにちは。

先日は、とある不動産収益物件売買のプロの方と
実際の物件プロジェクトについて説明させて頂き
ました。

大口のお客様を多数抱えているエージェントは、
物件が本当に少なくて困っています。

大口のお客様に共通しているのは、
資産価値が将来も落ちないと考えられるエリア内を
希望されていることです。

例えば、
麻布や六本木などを代表とする東京圏好立地案件です。

そうしたエリア内の物件が不足してくるのは
自然なことです。

焦り買いせず、良い物件が出てくるまで
待っていた投資家の皆さんも、
なかなか物件が無く、渇望してきています。

そこで譲渡型賃貸投資の登場です。

資産価値に依存しない賃貸経営を知れば知るほど、
エリアの概念が薄れていきます。

資産価値が安定して下がりにくい場所・・・

①現在100万円 5年後120万円
②現在100万円 5年後100万円
③現在100万円 5年後 80万円

従来の不動産投資 ①又は②
譲渡型不動産投資 ①~③すべてで通用します

現在の日本国内の住居系不動産投資では、
大半が③の状態なわけです。

そこで通用する譲渡型賃貸投資は、資産価値に
依存しない

《 賃料収入完結型 》不動産投資法

この手法に帰結します。

また、譲渡型賃貸であれば、5千万なのか、
1億なのか、3億なのか、投資規模に応じて、
物件を組み合わせることができるのも魅力です。

5千万であれば3棟、1億であれば6棟、と自在に
お好みの投資規模に合わせることができます。

それらの物件は全て、賃貸期間中の利回りが
固定しており、家賃下落が無く、空室もない、
賃貸収入満額を前提として、
建築前から全て入居者さんが確定しています。

最後までお読み頂き、有難うございました。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

住宅ローンってつくづく怖い制度ですよね。

35年!払い続けないと自分のものにならない住宅ローンの恐怖!

住宅ローンってつくづく怖い制度ですよね。

大体35年、今では40年!支払い続けないと、実質自分のものにならないのが住宅ローン。

途中で、仕事変わる?身体壊す?会社潰れる?

何かあって支払えないと、

財産差し押さえられて、家も財産も取り上げられて、追い出されるなんて・・・

35年後?40年後?の日本ってどうなってるんだろう?

その時に、今の会社ってあるのかな?

今と同じように、ガンガン働けるのかな?

日本の住宅ローン制度って、

リスクしかない!!!!

こんな常識を、どうにかして壊したい!!

借りながら持ち家にする賢い選択。
~家賃が実る家~

日本YEG ビジネスプランコンテスト 一次審査通過!

日本YEG ビジネスプランコンテスト 一次審査通過!

日本商工会議所青年部が主催する「第16回 ビジネスプランコンテスト」(以下BPC)に「日本最後の新築住宅 60兆円市場の扉を開ける 借りながら持ち家にする賢い選択。〜家賃が実る家」のビジネスプランにて応募しておりましたが、この度、一次審査通過をいたしましたのでお知らせいたします。

BPCは「次代を担う若手経営者目線の気付きやアイディア」を具現化しながら、さらには政府の掲げる「地方創生」に寄与する歴史あるコンテストです。
詳細はこちらからご覧ください。

http://ur0.link/NhNM

一次審査を通過したプランは、2019年2月上旬に行われるブラッシュアップ研修に参加した後、二次審査へと進みます。二次審査を通過したプランは、2月中旬に最終審査を受け、グランプリ・準グランプリ・奨励賞などの受賞結果が決まります。
また、受賞企業には補助金・助成金・クラウドファンディングの活用など日本YEGからも最大限のサポートを受けることができます!
最終審査の結果発表は2019年3月上旬となります。