【譲渡型賃貸住宅のメカニズム②】

投資計画の〇〇が確定している不動産投資

こんな投資計画を提示されたことはありませんか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
・20年後の家賃が、新築時ほとんど変わらない
・20年間の空室率が5%未満
・20年後の売却時は、表面利回り8%で売れる

そんなポジティブなシナリオで長期の投資計画を鵜呑みにして、購入の決断をした方からの相談も増えています。

譲渡型賃貸投資は、これをいじることが全くできない仕組みです。

なぜなら、

・家賃は新築時と変わらない契約であること
・原則として空室がないので、稼働率は100%であること
・最後は無償で譲渡してしまうために、0円であること

が前提条件ですので、投資計画の数字をポジティブにもネガティブにも操作することができません。

投資家さんが安心して投資計画を、リアルな判断材料として確認することができます。

その内容をセミナーで随時公開しています、

ご興味がある方は、是非ご参加ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://minoru-ie.jp/lpo/investor/nw/index_3b.html…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です