一般賃貸住宅と譲渡型賃貸住宅の違い(9)

【 一般賃貸住宅と譲渡型賃貸住宅の違い(9) 】

さて、
一般賃貸住宅と譲渡型賃貸住宅の違いの第9弾です。

入居者死亡時の対策に関してです。

譲渡型賃貸住宅専用の死亡保障生命保険があるんです!

一般的に住宅ローンには、団体信用生命保険への加入が必須です。債務者が死亡した際に生命保険の死亡保障金から返済が行われます。

一般賃貸住宅の場合には、もちろんこのような生命保険は無く、入居されている方の任意で生命保険に加入している方もいるかもしれませんが、それが賃料に充当されることはありません。

譲渡型賃貸住宅では、入居者専用の生命保険を作っております。

非常に安い保険料で、最大900万円までの保証を致します。

この生命保険から支払われる死亡保障金を原資として、入居者が今後の賃料に充当したり、買い上げを実施したりなど、保全が取られています。

投資家にとっても、入居者にとっても、とてもいい制度です。

現在は、任意加入になっておりますが、今後、必須にしていくことも検討していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、森 裕嗣さんを含む
画像に含まれている可能性があるもの:車、空、家、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、スーツ、室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:森 裕嗣さん、スマイル、立ってる、テキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です