久しぶりの秋田一時帰国中!

人口減少率 日本最速の地。
日本の未来を投影している地。
秋田と東京、2つの最先端のアンテナを育てる時間。

どうしたら、日本は、再興するんだろう?
日本の進む未来の姿は、世界の最先端とは全く違うのかもしれないし、世界の中に取り込まれていくのかもしれない。

と、世界を変えた、後ろの変人たちと考えてみる。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、森 裕嗣さんを含む、、スマイル、テキスト

地方にいると確実に…

地方にいると確実にそしてじわじわ足元まで来ているのが実感できる。
今までの常識の延長線上に次なる時代はない、と確信できる。

〜引用〜
いま求められているのは、これまでの常識から距離を取り、前提条件にとらわれずに解決策を見いだす思考だとアトキンソン氏は言う。

HEADLINES.YAHOO.CO.JP
東洋経済オンラインを愛読している読者の中にはご存じの人も少なくないだろう。『日本 – Yahoo!ニュース(東洋経済オンライン)

静かなる有事 人口減少に向き合う

【新築マイホームがもらえる会社】
【新築マイホームがもらえる自治体】
が組んだら、面白いことになるけどなぁ。

 NIKKEI.COM
日本の人口が減少に転じた時代――。将来、平成を振り返るとこう語られるのだろう。東京一極集中も進み、都市と地方の格差も開いた。次の時代に人口問題にどう向き合い、日本のかたちをどう変えればいいのか。平成

【大企業のトップの考えが変わらなければ、日本の少子化は止まらない】

・1年間で和歌山県が消滅するインパクト
・世界の歴史において、これほどまでに人口が減り続ける事態ははじめてのこと
・大企業の結婚率の恐ろしい低さ
・2030年には現役世代1.9人で高齢者1人を支える時代